誤った対処方法の禁止|製品の修理とデータ復旧の同時実現|幾度も訪れるピンチ

製品の修理とデータ復旧の同時実現|幾度も訪れるピンチ

周辺機器
このエントリーをはてなブックマークに追加

誤った対処方法の禁止

社内

仕事中にパソコンの動作がおかしくなるということは多々あります。そのような事態になった場合、多くの企業は社内でデータ復旧を実施して問題解決をすることがありますが、誤った対処をしてしまうとデータ復旧ができなくなる可能性もあるので、注意が必要です。大事な業務データ復旧率を少しでも高くしたいと考えるのであれば、外部の専門業者に依頼をするのが最適だといえます。業者の作業をスムーズに進めるためにも、企業内部でパソコン不具合発生時の禁則事項を周知しておくことが重要となってきます。まず1点目に挙げられる事項は何時も再起動を繰り返さないということです。パソコンが固まった際に何度も再起動をして対処する人が居ますが、自力で直せないと判断した段階でストップするのが最適です。
不具合を発生させた業務パソコンを何度も通電させると、データが完全に消失してしまい、復旧不可能な事態に陥る可能性があるからです。2点目に挙げられるのはデータ復旧ソフトを長時間利用しないということです。最近ではフリーソフトなどで対処しようと考える企業も多いですが、長時間実行し続けてしまうと別の問題が生じる恐れがあります。大事なデータを取扱う際はあまり使用しないのが無難な選択肢だといえるのです。また、オペレーションシステムのリカバリを実行しないというのも重要です。リカバリをすると業務パソコンが出荷時の状態へと戻ってしまうので大事なデータが全て無くなってしまうので注意が必要です。